空き家と火災

2 空き家の問題点

空き家は放火のターゲットになりやすい

空き家と火災


にほんブログ村 住まいブログへ

空き家から火がでることはない・・と普通に考えますが、そうでもないのです。

そうです、放火です。

数字でみてみると、

全国の建物の火災発生件数は20,991件(平成28年)。

そのうち、放火による火災2,451件(平成28年、放火の疑いを含む)、火災全体の約12%が放火なのです。

放火は必ずしも空き家で起こるとは限りませんが、放火魔にとって、空き家は格好のターゲットといって過言ではありません。

でも、お隣さんも住んでいるから大丈夫と思っていませんか?

放火の出火時刻

上のグラフのように、放火が起こる時間帯は、夕方から朝の4時までが多く、寝静まった中で犯罪が起こるため、見つかりにくいのです。

空き家がターゲットにされやすいのは、いくつかの理由があります。
・樹木や草木が茂っており人目に付きにくい
・建物に進入した上で、人目に付かずに放火できる
・枯草やごみなど着火しやすいものが周囲にある
・発見が遅れるため、犯人にとって捕まる可能性が低い

では、どうしたら放火が防げるのでしょうか?

放火を完全に防ぐことはできませんが、放火されにくくすることはできます。
1)住居の戸締り
2)物置きや車庫なども施錠
3)家の周りに燃えやすいゴミや枯草などを放置しない
4)郵便物や配布物を郵便受け(ポスト)にためない
5)自動車、バイク、自転車のボディーカバーは燃えにくい素材のものにする
6)夜間に屋外照明、特に熱線センサー付き照明器具を設置
7)侵入監視センサー、防犯カメラの設置
8)死角を作らないように、樹木や雑草を管理し見通しを良くする
9)近隣の力を借りる

などです。

6)に関しては、暗くなると自動点灯するものや、人が近づくと熱線が感知して点灯するものなどがあります。

7)に関しては、電気のブレーカーを落とすことが多い空き家では難しい方策ですが、ダミーの防犯カメラなら電気もいらず(電池でOKのものもあり)、1000円程度で購入できます。

できる方法から、実行に移してはいかがでしょうか?

最後までありがとうございます。ここをぽちっとお願いします。ワン!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


断捨離ランキング
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

掘り技からの背負い投げ、イッポーン!

関連記事

  1. 空き家特措法の運用

    2 空き家の問題点

    空き家特措法はどう運用されているか?

    空家等対策の推進に関する特別措置法…

  2. 空き家の問題

    2 空き家の問題点

    空き家の問題

    空き家は周辺の地域住民に迷惑をかけ…

  3. 空き家の維持管理コスト

    2 空き家の問題点

    空き家の維持管理コストを試算してみる

    空きを維持管理するコストはいくらく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 古い郵便受け

    6 外装・庭・駐車場

    郵便受けポストを新品に交換
  2. dele デジタル遺品

    4 遺品・清掃

    デジタル遺品とは?
  3. バルブに石鹸水

    6 外装・庭・駐車場

    ちょっと待った!自転車を処分する前に
  4. 空き家特措法の運用

    2 空き家の問題点

    空き家特措法はどう運用されているか?
  5. 石膏ボードの穴

    5 簡易リフォーム

    壁や天井の穴を直す(石膏ボードの場合)
PAGE TOP